軽量折り畳み傘

スポンサーリンク

軽量折り畳み傘を購入の際に参考にしてください。

軽量の折り畳み傘は、常にカバンの中に入れておいても苦になりません。

しかし、折り畳み傘は軽量になれば強度が低下します。

筆者的には、軽量と強度の折り合いがいいのは、150g 辺りかなとの感覚があります。

  • 重さ:150g
  • 直径:100cm

また、傘を開いたときの直径は、100cm くらいかなと思っています。

親骨に換算すると、60cm となります。

  • 親骨:55cm → 直径:080~090cm
  • 親骨:60cm → 直径:090~100cm
  • 親骨:65cm → 直径:100~110cm

 

話が前後しますが、筆者が折り畳み傘を使うのは、駅や建屋までの10分程の時間です。

ビル風が吹くときは、傘を半分閉じて使っています。

 

Waterfront

上記スペックから離れるのですが、収納時に薄くなる傘(特許)です。

駅のキオスクなどで、700円~1,000円程で販売されています(定番)。

 

 

 

小宮商店

傘の専門店です。ここに重さ150g、直径107cm の超軽量カーボン傘があります。

小宮商店

価格は3,520円で、先のWaterfront が3本買えますが、3倍以上長持ちしそうです(筆者の希望)。

折りたたみ傘 軽量 メンズ レディース 大きい コンパクト スリム 超軽量 丈夫 カーボン 60cm