MT車からAT車への乗り換え方法

スポンサーリンク

MT車(マニュアル)からAT車(オートマ)に乗り換える方法を調べました。

乗り換えの際に、参考にしてください。

 

結論

  • MT車からAT車に乗り換える人は、
    • 電気自動車ハイブリッド車を選ぶ 
    • ペダル式パーキングブレーキ車は避ける
    • 市街地はBレンジで走行する(高速道路は別)
      • できれば、ワンペダル

※ワンペダル:アクセルの踏み方を加減することで車が加速・減速する

回生ブレーキ

電気自動車やハイブリッド車には、回生ブレーキがあります。

モーターが生み出す回生ブレーキにより、MT車と同様な感覚で車を運転できます。

 

 

背景

MT車の中古車台数や新車の車種はとても少なく、選択肢が余りありません。

また、AT限定免許の家族がいるとMT車は運転できません。

  • MT車の中古車(台数)・新車(車種)はとてもとても少ない!
  • 家族全員で使う場合、AT車でなければならない
  • MT車からAT車への乗り換えは非常に不安
  •  

 

AT車の特性

これは、MT車に慣れた人が感じるAT車の特性です。

最初からAT車に乗ってた人はとくに感じないようです。

 

AT車からのフィードバックがない(少ない)

いわゆる、アクセルから足を外しても、AT車がスーと移動していくことです。

混乱

咄嗟の状況で、アクセルから足を外してもAT車は減速が少なく、混乱してしまいます。

頭が真っ白(パニック)になっているときの二択問題(アクセルかブレーキ)です。

この場合、MT車では以下の行動・認知・思考プロセスで適切に行動できます。

  • 行動:アクセルから足を外す → 現象:車が減速する
  • 認知:車が減速している → 確信:自分は車を減速させたい
  • 思考:正解はブレーキ(二択問題) → 行動:ブレーキを踏む

 

パニック時の二択問題(アクセルかブレーキ):

  • どちらも選択できなくなる。その間、車は走り続ける
  • 最悪、アクセルを踏む。足はアクセルの上に位置しているので

 

踏み間違い

詳しくは、次の記事に詳細が載っています。

※2021.07.19:トヨタも新型アクアで「快感ペダル」を装備しました!

 

抜粋すると、

  • アクセルとブレーキの踏み間違いで事故になる
  • アクセルとブレーキを踏みかえる時間(空走時間)が危険

対策として、ワンペダルにすると

  • アクセルとブレーキの踏みかえ回数が減る
  • 踏みかえないのだから、空走時間がなくなる

 

Bレンジ

電気自動車やハイブリッド車をBレンジで走行すれば、MT車と同じ行動・認知・思考プロセスで運転できます。

  • アクセルから足を離すと、回生ブレーキがかかる

ホンダの新型フィット(ハイブリッド)はBレンジで運転すると、自然な減速が体感できます。

詳細は、次の記事・動画をご参照ください。

 

 

ペダル式パーキングブレーキ

ペダル式パーキングブレーキは、まさにMT車のクラッチ位置にあります。

  • なぜ、その位置にある?!

MT車では咄嗟のときには、ブレーキもですがクラッチを思いっきり踏んで動力の伝達をカットしますね。

AT車に慣れていないときは、間違って走行中にペダル式パーキングブレーキを踏んでしまいます。